読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背中の黒子の数を黒子に数えられたい

ポケモンについて適当に書いてます。何か連絡等ありましたら(@marusikaku11)まで。

【サンムーン】レヒレマンダ【初使用構築】

皆さんお久しぶりです。毎月更新は勝手に諦めました、すいません。

今回は7世代入って初めての記事ということで、このブログのこれからのスタイルについて軽く書きたいと思います。

これからこのブログでは僕が20戦以上使った構築全てを書いていきたいと思います。なぜ20戦以上かというと、今回のパーティが20戦で解散になったからです。

他にも今まで通り机上論単体考察も書いていきます。

 

では、いろいろ書きましたが本題に入りたいと思います。(以下文体統一)(たぶん)

 

今回のパーティはタイトルにもあるようにカプ・レヒレとメガボーマンダが軸のパーティ。

まずはパーティ紹介をしていく。

f:id:skuroko:20161216023058j:image

 20戦15勝5敗    レート1500→1664勝率は7割超えてたがシロデスナがしっくりこなかったのと、欠陥が何個も見つかったので解散。

 

次に個別解説をしていく。順番は採用順。画像はそのうちつける予定。

 

カプ・レヒレ@氷Z

特性:ミストメイカー

性格:図太い

実数値:177[252]-××-183[252]-115-150-106[4]

技構成:波乗り/ムーンフォース/黒い霧/自然の怒り

調整意図と雑感:環境初期で調整先が特に分からなかったのと、主な仮想敵がガブリアスとメガギャラドスなためHBぶっぱ。

採用理由:可愛い。構築の出発点。

技構成について:タイプ一致技とメガギャラドスを意識しての黒い霧。耐久ポケモンやタイプ受けで後出ししてくるポケモンメガボーマンダの捨て身タックル圏内に入れるための自然の怒り。自然の怒りは冷凍ビームや吹雪にして氷Zの有用性を高めても面白いかもしれない。

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇/スカイスキン

性格:陽気

実数値:191[164]-164[68]-103[20]-××-101[4]-167[252]

進化後:191-174-153-××-111-189

技構成:捨て身タックル/竜の舞/地震/羽休め

調整意図と雑感:サイクルを回すことになると考えていたので耐久に努力値を割いた。Hは16n-1。Aは一舞で無振りガブ確定一発のラインで残りをBとDに振った。Sはキュウコンの上を取りたい事やスカーフ持ちが多いと考え最速に。

採用理由:レヒレとの相性の良いメガ枠として採用。

技構成について:捨て身タックル、竜の舞、地震までは確定としてガラガラやカプ・ブルルへの後出しを考えて羽休めを採用した。

 

シビルドン@突撃チョッキ

特性:浮遊

性格:控えめ

実数値:191[244]-××-100-172[252]-102[12]-70

技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/火炎放射

調整意図と雑感:これも環境初期なのでぶっぱ。もう少し耐久に振った方が良さそう。

採用理由:電気の一貫性を切るため。また両刀テッカグヤにも強いと考え採用。

技構成について: 上2体で苦手なフェアリー、鋼と戦えるようにこの構成になった。火炎放射はめざ氷の方がいいかもしれない。

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:ダウンロード

性格:図太い

実数値:192[252]-××-156[252]-125-117[4]-80

技構成シャドーボール/冷凍ビーム/自己再生/どくどく

調整意図と雑感:久しぶりの育成による調整ミス。メガボーマンダやレヒレでタイプ受けできない物理アタッカーを見るためにHBぶっぱ。

採用理由:上にも書いたがメガボーマンダ等の物理アタッカーを見るために採用。

技構成について:ミミッキュやゲンガー、ギルガルドに打点を持つためにシャドーボールボーマンダガブリアスを倒すための冷凍ビーム。サイクルを回すための自己再生。ポリゴン2等の耐久ポケモンに打つためのどくどくといった感じになっている。

 

シロデスナ@カシブの実

特性:みずがため

性格:図太い

実数値:191[244]-××-178[252]-120-97[12]-55

技構成シャドーボール/大地の力/どくどく/砂集め

調整意図と雑感:物理受けとして使ってみたかったためにHB。高速回復技と種族値に惹かれて使ってみたがこのパーティでは選出し辛く1試合でしか使えなかった。最遅ギルガルドより遅いのでゴースト半減実を持たせてみたが使われる事はなかった。

採用理由ボルトチェンジの一貫性を切るため。また、メガガルーラに強そうと考えたため。

技構成について:タイプ一致技と耐久潰しのどくどく。耐久ポケモンとして高速回復技である砂集めを採用した。

 

ギルガルド@ゴーストZ

特性:バトルスイッチ

性格:意地っ張り

実数値:167[252]-112[252]-171[4]-××-170-80

技構成:シャドークロー/アイアンヘッド/かげうち/キングシールド

調整意図と雑感:久しぶりの育成によるダウンロード対策忘れ。無難に強かった。

採用理由:スカーフカプ・テテフにボコボコにされそうだなと思ったので採用。

技構成について:キングシールドとアイアンヘッドの枠が選択。聖なる剣だったり剣の舞、身代わりだったりした。

 

パーティ総評

レヒレ、ボーマンダの並びは普通に強いと感じた。しかし、レヒレ、ボーマンダ共に調整はまだまだ煮詰められそうである。

他にはポリゴン2が重いことや、電気ZテクスチャーのポリゴンZやZ催眠術のデンジュモクへの対策がほぼなく、Z技への対策をパーティ構築の段階からしっかり考えなくてはならないなと感じた。また、状態異常に対してあまりにも無力なのもあり解散となった。

 

最後に(日記)

これを書いている間(12/10頃)にレヒレがどんどん増えてきてるという話を色々なところで目にしたり聞いたりして嬉しいような悲しいようなよくわからない気持ちになりました。しかもマンダとの並びが多く使われててマンダレヒレと呼ばれてて悲しくなりました。

ということで今回はここまでなにかありましたらコメントかツイッター(@marusikaku11)まで