読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背中の黒子の数を黒子に数えられたい

ポケモンについて適当に書いてます。何か連絡等ありましたら(@marusikaku11)まで。

はじめに

初めましての方は初めまして。そうでない方はご贔屓に。まると申します。

白井黒子が好きなキモオタです。

 

このブログでは主にポケモンについて書いていけたらいいなと思ってます。ですが、僕自身ポケモンでこれといった実績もなくレートが高いわけでもなんでもない完全な自己満足となっておりますのでご容赦下さい。

 

構築記事

f:id:skuroko:20160123130812p:plainf:id:skuroko:20160123130827p:plainf:id:skuroko:20160123130850p:plainf:id:skuroko:20160123130909p:plainf:id:skuroko:20160123123655p:plainf:id:skuroko:20160123130943p:plain

【さいはてオフ使用構築】キノコの一貫性を作れトノグドラ - 背中の黒子の数を黒子に数えられたい

f:id:skuroko:20160123123308p:plainf:id:skuroko:20160123123441p:plainf:id:skuroko:20160123123545p:plainf:id:skuroko:20160123123655p:plainf:id:skuroko:20160123123738p:plainf:id:skuroko:20160123123835p:plain

【S13使用構築】バトングライオン軸パーテー - 背中の黒子の数を黒子に数えられたい

 

 【サンムーン】レヒレマンダ【初使用構築】 - 背中の黒子の数を黒子に数えられたい

 

単体考察

f:id:skuroko:20160123131526p:plain【夏の】ヘラクロスオオカブト【思い出】 - 背中の黒子の数を黒子に数えられたい

f:id:skuroko:20160123123738p:plainバシャメモ(ときメモ感) - 背中の黒子の数を黒子に数えられたい

レヒレマンダver. 1.1

今更感あるが今回はシーズン1で最終的に使ってた構築を紹介する。

今回のパーティは前回紹介したパーティとほとんど変わらないので変更点だけ紹介していく。

 

カプ・レヒレ
ボーマンダ
ポリゴン2
ここまで変わらず

ここからが変更点
ギルガルド@ゴーストz
アイアンヘッド→聖なる剣

 

シロデスナ

フェローチェ@気合の襷
特製:ビーストブースト
性格:無邪気
実数値:146-189(252)-57-158(4)-51-223(252)
技構成:飛び膝蹴り/とんぼ返り/毒づき/冷凍ビーム
調整理由と雑感:ただのAS。これからボルトロスが増えるとしたらCにもう少し振ってもいいかもしれない。
採用理由:襷が余っていたのとポリゴン2に明確に強いポケモンが欲しかったため採用した。
技構成について:これ以外欲しい技が何もなかったのでこうなった。

 

シビルドン

ガブリアス@ヤチェの実
特製:鮫肌
性格:陽気
実数値:183-182(252)-116(4)-××-105-169(252)
技構成:逆鱗/地震/炎の牙/剣の舞
調整理由と雑感:こちらもただのAS。ガブリアスは強いということを再認識した。
採用理由:テッカグヤ+避雷針の並びが鬱陶しかったので採用した。
技構成について:上記したようにテッカグヤを見たかったので剣の舞と炎の牙を採用。それとメインウェポン2つといった感じ。

 

戦績:23戦(17-6)1651→1803 勝率約7割
選出/勝ち
ボーマンダ17回/12
ガブリアス16回/11
カプ・レヒレ12回/10
フェローチェ10回/8
ギルガルド10回/8
ポリゴン2 4回/2

パーティ総評
メガポケモンボーマンダ一体にしていたためボーマンダを出せない時はメガ無し選出になってしまっていたが、z技のおかげでパワー不足を感じることはなかった。選出から見てもボーマンダを出していない6戦のうち1戦しか負けていないのは意外だった。
パーティとしてはフェローチェとボーマンダの同時選出が段々減っていったのでフェローチェとボーマンダはあまり噛み合ってないように感じた。
辛い並びなど細かい事は最後にレートをやっていたのが12/23の深夜だったので忘れてしまった。

最後に
今回はパーティを使っていた時期から大分時間が経ってしまっていて記憶が曖昧だったので雑な感じになってしまいすいませんでした。シーズン1は時間があまり取れなかったのもあり、50戦しかできず物足りないシーズンとなってしまいました。この記事を書いている現在(2/6)は段々と暇になってきているのでシーズン2ではもっとレートに潜りたいと思っています。また何か構築を作ったら記事にするのでよろしくお願いします。
では何かありましたらコメントかツイッター(@marusikaku11)まで

【サンムーン】レヒレマンダ【初使用構築】

皆さんお久しぶりです。毎月更新は勝手に諦めました、すいません。

今回は7世代入って初めての記事ということで、このブログのこれからのスタイルについて軽く書きたいと思います。

これからこのブログでは僕が20戦以上使った構築全てを書いていきたいと思います。なぜ20戦以上かというと、今回のパーティが20戦で解散になったからです。

他にも今まで通り机上論単体考察も書いていきます。

 

では、いろいろ書きましたが本題に入りたいと思います。(以下文体統一)(たぶん)

 

今回のパーティはタイトルにもあるようにカプ・レヒレとメガボーマンダが軸のパーティ。

まずはパーティ紹介をしていく。

f:id:skuroko:20161216023058j:image

 20戦15勝5敗    レート1500→1664勝率は7割超えてたがシロデスナがしっくりこなかったのと、欠陥が何個も見つかったので解散。

 

次に個別解説をしていく。順番は採用順。画像はそのうちつける予定。

 

カプ・レヒレ@氷Z

特性:ミストメイカー

性格:図太い

実数値:177[252]-××-183[252]-115-150-106[4]

技構成:波乗り/ムーンフォース/黒い霧/自然の怒り

調整意図と雑感:環境初期で調整先が特に分からなかったのと、主な仮想敵がガブリアスとメガギャラドスなためHBぶっぱ。

採用理由:可愛い。構築の出発点。

技構成について:タイプ一致技とメガギャラドスを意識しての黒い霧。耐久ポケモンやタイプ受けで後出ししてくるポケモンメガボーマンダの捨て身タックル圏内に入れるための自然の怒り。自然の怒りは冷凍ビームや吹雪にして氷Zの有用性を高めても面白いかもしれない。

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇/スカイスキン

性格:陽気

実数値:191[164]-164[68]-103[20]-××-101[4]-167[252]

進化後:191-174-153-××-111-189

技構成:捨て身タックル/竜の舞/地震/羽休め

調整意図と雑感:サイクルを回すことになると考えていたので耐久に努力値を割いた。Hは16n-1。Aは一舞で無振りガブ確定一発のラインで残りをBとDに振った。Sはキュウコンの上を取りたい事やスカーフ持ちが多いと考え最速に。

採用理由:レヒレとの相性の良いメガ枠として採用。

技構成について:捨て身タックル、竜の舞、地震までは確定としてガラガラやカプ・ブルルへの後出しを考えて羽休めを採用した。

 

シビルドン@突撃チョッキ

特性:浮遊

性格:控えめ

実数値:191[244]-××-100-172[252]-102[12]-70

技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/火炎放射

調整意図と雑感:これも環境初期なのでぶっぱ。もう少し耐久に振った方が良さそう。

採用理由:電気の一貫性を切るため。また両刀テッカグヤにも強いと考え採用。

技構成について: 上2体で苦手なフェアリー、鋼と戦えるようにこの構成になった。火炎放射はめざ氷の方がいいかもしれない。

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:ダウンロード

性格:図太い

実数値:192[252]-××-156[252]-125-117[4]-80

技構成シャドーボール/冷凍ビーム/自己再生/どくどく

調整意図と雑感:久しぶりの育成による調整ミス。メガボーマンダやレヒレでタイプ受けできない物理アタッカーを見るためにHBぶっぱ。

採用理由:上にも書いたがメガボーマンダ等の物理アタッカーを見るために採用。

技構成について:ミミッキュやゲンガー、ギルガルドに打点を持つためにシャドーボールボーマンダガブリアスを倒すための冷凍ビーム。サイクルを回すための自己再生。ポリゴン2等の耐久ポケモンに打つためのどくどくといった感じになっている。

 

シロデスナ@カシブの実

特性:みずがため

性格:図太い

実数値:191[244]-××-178[252]-120-97[12]-55

技構成シャドーボール/大地の力/どくどく/砂集め

調整意図と雑感:物理受けとして使ってみたかったためにHB。高速回復技と種族値に惹かれて使ってみたがこのパーティでは選出し辛く1試合でしか使えなかった。最遅ギルガルドより遅いのでゴースト半減実を持たせてみたが使われる事はなかった。

採用理由ボルトチェンジの一貫性を切るため。また、メガガルーラに強そうと考えたため。

技構成について:タイプ一致技と耐久潰しのどくどく。耐久ポケモンとして高速回復技である砂集めを採用した。

 

ギルガルド@ゴーストZ

特性:バトルスイッチ

性格:意地っ張り

実数値:167[252]-112[252]-171[4]-××-170-80

技構成:シャドークロー/アイアンヘッド/かげうち/キングシールド

調整意図と雑感:久しぶりの育成によるダウンロード対策忘れ。無難に強かった。

採用理由:スカーフカプ・テテフにボコボコにされそうだなと思ったので採用。

技構成について:キングシールドとアイアンヘッドの枠が選択。聖なる剣だったり剣の舞、身代わりだったりした。

 

パーティ総評

レヒレ、ボーマンダの並びは普通に強いと感じた。しかし、レヒレ、ボーマンダ共に調整はまだまだ煮詰められそうである。

他にはポリゴン2が重いことや、電気ZテクスチャーのポリゴンZやZ催眠術のデンジュモクへの対策がほぼなく、Z技への対策をパーティ構築の段階からしっかり考えなくてはならないなと感じた。また、状態異常に対してあまりにも無力なのもあり解散となった。

 

最後に(日記)

これを書いている間(12/10頃)にレヒレがどんどん増えてきてるという話を色々なところで目にしたり聞いたりして嬉しいような悲しいようなよくわからない気持ちになりました。しかもマンダとの並びが多く使われててマンダレヒレと呼ばれてて悲しくなりました。

ということで今回はここまでなにかありましたらコメントかツイッター(@marusikaku11)まで

 

 

メガフーディンというポケモン

メガフーディンというポケモンメガゲンガーと同じく相手の攻撃を一発は耐えるまで耐久に振り、上から二発殴るのが強いとされています。また、メガフーディンで結果を出している人の多くがサイキネ+補助技3つの構成で使っていた事もあり、メガフーディンと言えば火力にはあまり努力値を振らず、補助技が多いポケモンという認識の人が多いと思います。僕もレートで見たらそういう型だろうなと考えて選出を決めています。

そこで今回は、その先入観を利用したメガフーディン軸のパーティを作りたいなと考えました。

f:id:skuroko:20160812042521p:plainf:id:skuroko:20160812042536p:plain

フーディン@メガ石

臆病

131[4]-××-65-187[252]-115-189[252]

メガ進化後

131[4]-××-85-227[252]-115-222[252]

技構成

サイコキネシス、めざめるパワー氷、守る

(選択技)草結び、マジカルシャイン、身代わり

 

こんなのを使いたいなあと漠然と考えています。気合玉は耐久に振ってない分技外しが洒落にならないので外しました。選択技はパーティ単位で何が重いかによって決めるのが良いと思います。カバルドンラグラージスイクン辺りが重いなら草結び。ゲッコウガなどの高速悪タイプが重いならマジカルシャイン。化身ボルトロスなどの悪戯心持ちが重いなら身代わり。と言った感じかなと思います。

 

ここまで書いてなんですが後5体全く決まってません。

後5体の案募集中です_(:3」∠)_

可能性感じた並び、ポケモン②

月一更新失敗しました。すいません。冨樫先生の悪口はもう言えません。

 

さて、本題に入りますが今回は今更ですがシーズン16で今期に向けて色々試してみて強そうって思ったポケモンや並びを書いていきたいと思います。

 

 ステロ+たまハッサム

古き良き並びですね。メガハッサムと違ってステロ+電光石火でウルガモスリザードンを倒せるし何よりメガ枠を消費しないのが強い。鉢巻より使い勝手が良くメガより火力があり舞う余裕がなくても最低限の仕事ができるたまッサムは強いなって改めて感じました。

 

襷ゲンガー+メガクチート

襷ゲンガーにトリックルームを仕込んで遊んでた並び。他の4体にトリル打ちそうなポケモンだったり絶対メガするなって思われるポケモン(ガルーラやリザードン等)を入れない事によってより奇襲性能が高くなる気がしてる。強い弱いというより使ってて楽しい並びだった。

 

メガサーナイト

瞑想眠るいびき奴。最近クレセドランの並びがまた増えてた気がするので両方起点にできるこいつ強いって感じでした。

 

今回はこんな感じです。

これからまた月一更新(努力目標)していきたいと思うので良かったら見てやってください。

 

 

S15お疲れ様でした

まずはポケ勢の皆さんS15お疲れ様でした。
僕はS15最終日3日前から潜り始めました(強者っぽい)
最高レート1690。最終レート1586という結果に終わりました。
誰か僕を強く罵ってください。

【ダブルレート】ゲッコウグロス

今回は前にちょっと考えたままでそのままになってたダブルの構築原案を書いていきたいと思います。

 
今回参考にさせてもらった記事です。
無断リンクですので問題があれば消します。問題がありましたら指摘頂けると助かります。
 

f:id:skuroko:20160504073518p:plainf:id:skuroko:20160504073527p:plain<†ゲッコウグロス†

並びの軸はタイトルから想像がつくかとは思いますがゲッコウガメタグロスです。
使い方としては参考記事にもあるようにゲッコウガで影うちを相方(こちらではメタグロス)に打ち、相方が弱点保険でA2段階上昇大爆発を打つといった感じです。この時ゲッコウガはゴーストタイプになっているので大爆発は効果がないといったギミックになっています。
 
技構成等は

f:id:skuroko:20160504073518p:plainゲッコウガ@ラムの実

変幻自在
臆病CS
影うち/冷凍ビーム/熱湯/守る
 

f:id:skuroko:20160504073527p:plainメタグロス@弱点保険

意地AS
大爆発/バレパン/守る/岩雪崩
 
メタグロスの火力目安
A2段階上昇意地Aぶっぱメタグロスの大爆発はボルトランドの並びを一掃する程度の火力(ランドにHBぶっぱされると70%程度の乱数になる)
メガガルーラも当然確定で倒せる。
エルフテラキのテラキオンを調べてみた所ASが多かったのでそれを信じるとA2段階上昇バレットパンチテラキオンを確定で倒せます。
 
この並びの弱い所
メタグロスより速いポケモン2体の並び
ゴーストタイプ(主にゲンガー、ギルガルド
 
これを考慮した上で考えてる保管枠。

f:id:skuroko:20160126194012p:plainガルーラ@メガ

猫/噛み砕く/捨て身/炎のパンチ(地震
上であげた大体に強い。何よりも型が読みにくいのも良い。
 

f:id:skuroko:20160126194330p:plainクレセリア@オボン

トリル/三日月の舞/サイコキネシス/スキスワ
トリルをしてゲッコウガのサポートが難しそうな時のメタグロスサポート。また、単純に三日月の舞によるメガガルーラの再利用は強力。
 
ラスターカノン/熱風/大地の力/原始の力(守)
炎、鋼に強いだけでなく、初手でメタグロスが大爆発した後に出てくるフェアリー対策にもなる。
 

f:id:skuroko:20160504074435p:plainロトム@未定

ドロポン/10万ボルト/電磁波/鬼火
一番の未定枠。単純にメタグロスとの相性が良さそう。
 
こんな感じで考えてます。
ダブルでもこのギミックが強いかは未知数ですがギミックとしてのポテンシャルは高いと思っているのでまた暇になった時に試してみたいなと思っています。その時にはまた記事にしたいと思います。
 
今回はこれで終わりです。
ではまた遅くても来月に。